珈琲屋明楽時運(あらじん)でモーニングしよう!

秋が深まってきたがね。

こんな季節には、コーヒーをゆっくり飲んで物想いにふけるひとときを大事にしたいもんやね!

お店は落ち着きがあって、

日本庭園なんか眺めながら過ごせて、

クラシックやジャズなんかが流れとって、

コーヒーカップにもこだわりがあって、

でもってコーヒーを淹れてくれる店員さんがプロフェッショナル!

それが今回ご紹介するここだがね!

珈琲屋明楽時運(あらじん)だがね!

こちら、明楽時運竹の山店(本社)だがね。

日進市竹の山っちゅうて、名東区の極楽からすぐのところにあるんだわ。

落ち着いた蔵のような店構え。

コーヒー好きはこういう雰囲気が好きなんやろうか。

うん好きに違いにゃあ。

入ってみますと、カウンターを中央にして

禁煙席と喫煙席にコの字型分かれとって、

このようにすてきなお庭がどの席からも望めるんだがね。

ちなみに植えてあるのは梅の木で、毎年2月ごろにはお花を咲かせるんだわ。

それを楽しみにしとる常連客も多い。

(ってやたら詳しいのは何を隠そう私もかつては毎日通いつめる常連さんだったんだわ。)

ともかく、雰囲気は抜群。

モーニングの時間は12時までだで、寝坊した休日でも行けるありがたさだがね!

この日は久々に店長の赤尾さんにお会いでき、

いろいろおしゃべりもしたかったのでカウンターを陣取ったがね。

このように、オーダーが入るとその都度豆を挽き、

一杯ずつコーヒーを入れて下さるんだわ。

あーこうしてここでコーヒー飲んどると、

こんなこともあんなこともあったなあとこの近くに住んでいた頃のことを思い出すー。

そして店長さんがずっと変わらずいてくれることの嬉しさったらにゃあ。

体を第一に長ーく続けてもらいたいわ。

 

 

こちらが、ストロングブレンドだがね。

深煎りのお豆なんだわ。

あー、うんまい。

機械でコーヒー淹れとるお店も多いけど、

ハンドドリップはやっぱ違うね。

レギュラー、ライト、ストロングとあるけど、

ライトはかなりの浅煎り。びっくりするほど色が薄いでね。

カップもものすごい数の中から選んで下さるもんで、

今日はどんなカップかなっていう楽しみも生まれるんだわ。

こちらがこの日のモーニングだがね。

ヨーグルトとトーストがついてくるんだに。

トーストは日によって変わるのでそれも楽しみなんだわ。

(この日はツナトーストだがね。)

夜はジャズが流れるしっとりした雰囲気になるで、それもなかなかええよ!

ぜひ珈琲屋明楽時運さんのモーニング、行ってみてちょーねー!、

ホームページ

商品金額:420

投稿者プロフィール

なべっこ
なべっこ
フリーでいろんな活動をしている一児の母です。名古屋って他のとこにはない独自の文化がいっぱい!
こりゃ名古屋行かないかんわ!ってなるような魅力的なものをご紹介していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です