『鈴木敏商店 三杯酢ところてん』を食べよう!

夏の風物詩が本格稼働。涼を感じる和の味わい

鈴木敏商店 三杯酢ところてん

今日の最高気温は30度。まだ6月だちゅうに、ま~ひゃ~真夏の気温だがね。

名古屋の夏はただでさえ暑いのに、温暖化でますます暑なってまうんかしゃん。

んでも!前に紹介したころきしめんに続き、暑さをぶっとばす夏の風物詩・ところてんを見つけたもんで紹介していくわね~。

ほんのり甘い三杯酢で食感もすっきり

これを作っとらっせるのは、豊川市にある「鈴木敏商店」さん。こんにゃくやところてんの製造販売の会社だわ。

こんにゃく製造メインの会社も、夏の間はよく売れるところてんの出荷が多くなるらしいんだて。

青がメインのパッケージは若干ころきしめんと被っとるけど、そんだけ涼しげなイメージを大切にしとらっせるということだわね。

中には2食分が入っとる。単品でも売っとったで、ちょっとだけ欲しい人はそっちを選んでちょうね。

パック内の水を捨てて、ところてんだけを器に入れた中に、添付の三杯酢とのりを入れ、さらに白ゴマを振ってみた!これこれ、ゴマとのりが添えたるだけでめっちゃヘルシーな感じせえへん?

実際食べてみると、このほんのり甘いけどほんのりすっぱい三杯酢が無味透明のところてんをがっちりサポートしてくれとるんだて!

このつるつるした歯触りも食感も、まさに「涼」を楽しむ日本の味覚だわ。

姉妹品に黒蜜ところてんもあるんだて~。黒蜜で一気にカロリーあがるが!と思ったおみゃーさん、それを押しても黒蜜のミネラルは捨てがたいて~!

いっぺん、黒蜜も試してちょうよ!

見た目も口当たりも涼しげ!
メイドインナゴヤの『鈴木敏商店 三杯酢ところてん』を食べよまいて!

※CO・OPで購入したでね~。ところてんほか、こんにゃくも売っとったで探してみてちょうね。

 

株式会社鈴木敏商店
愛知県豊川市南大通5丁目56

商品金額:158

投稿者プロフィール

mamiko
mamiko
某老舗和菓子店に勤めつつ取材・執筆を行う二足わらじの主婦ライター。齢半世紀にして郷土愛に目覚め、地元に関するアレコレを掘り下げようと画策中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です